キーボードもマウスもいらないコミュニケーションシステム

~ 誰でも、いつまでも つながりをもって ~

 

”お友達や家族とつながりを持ち続け、年をとっても、いきいきと生きがいを持って暮らしていくことができるように”

 

そんな暮らしのお手伝いをするのがVoViTです

 

VoViT(ボビット)の特徴

  • タッチパネルなのでダイレクトに操作ができます
  • タッチパネルに直接、文字や絵を描くとそのままメールになって家族や友人に届きます
  • お相手は、PCでも携帯でもスマートフォンでも普通にメールが受信できれば大丈夫です    
  • テレビ電話(Skypeを利用)で、世界中のだれとでもラクラク通話ができます
  •  お相手はSkypeにつながっていれば、PCでもスマートフォンでもタブレットPCでもOKです
  • サポーターや家族から、時刻指定の伝言メッセージ(「今日の予定」)が登録できます。 VoViTで了解ボタンを押すと、サポーターや家族にメールで通知が届き、自然な形の安否確認になります。

    

VoViTを貸し出します

施設や地域でご利用をお考えの場合、VoViTを有料で貸し出します。

ただし、インターネットの接続についてはそれぞれでお手配ください。

「お問い合わせ」フォームからお問合せください。

「みまもりVoViT」サービスの提供開始

主に介護事業者や高齢者向け住宅運営事業者向けに、SoftBbankの「みまもりケータイ」とVoViTを組み合わせたサービス「みまもりVoViT」のサービス提供を開始します。

★緊急時には

「みまもりケータイ」は携帯電話なので、外出先での通報が可能。ボタンが押されると、自動で施設職員や複数の関係者(家族やサポーター)にメールと電話で連絡。通話も可能。

★日常の生活のサポート

「VoViT」サービスは、手書きメール、テレビ電話、手書き日記で高齢者のコミュニケーションとアクティビティを支援しながらサポーター(地域の支えあい組織)との交流でやわらかな見守り実現のための人材育成を行っています。

 

費用はとても廉価となっております。個別にお見積もりをいたしますので「お問い合わせ」フォームからお問合せください。

 

※SOFTBANK およびソフトバンクの名称、ロゴは日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。

※ 端末はソフトバンクテレコム(株)、回線契約はソフトバンクモバイル(株)と事業所様との契約になります。

※VoViTとみまもりケータイのセットでの導入を推奨させていただいておりますが個別の導入も可能です。

みまもりVoViT パンフレット

みまもりVoViT パンフレット
緊急時”と“いつも”を
  地域の見守りネットワークでサポートする
    みまもりケータイ&VoViTサービス
mimamorivovit20130206.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 192.0 KB

VoViTを活用した事業

NPO法人シニアSOHO普及サロン・三鷹が、平成24年度独立行政法人福祉医療機構(WAM)助成事業「ICT活用の孤立防止ネットワーク構築事業」を実施しています。

今まで、一般社団法人シニア社会学会が行なってきた「ICTによる高齢者の孤立防止モデル」を継承し、VoViTを活用した事業です。

詳細は、事業のページをご覧ください。

VoViT(ボビット)ってどんなもの?(動画をご覧下さい)

注意

「お買い物」「緊急通報」は体制ができている地域でオプションとして可能です。

そのほか、追加機能は個別に応じます。

 

VoViTは、一体型液晶タッチパネルパソコン(Webカメラ・マイク付き)にセットアップした形でご提供します。個人へのアプリケーションのみのご提供は、基本的にしておりません。

法人の場合は、ご相談ください。

 

VoViT(登録第5426679号:商標権者株式会社情報環境デザイン研究所)は、ICT(Information and Communication Technology)機器を利用したコミュニケーションシステム(株式会社情報環境デザイン研究所 開発)と高齢者個別に対応するサポーター(中高年者)の連携によって高齢者のコミュニケーションを支援するサービスです。

 

サポーターには、退職後に地域社会での活躍が期待される(パソコンスキルを有した)団塊の世代の人々等があたり、地域活動への参加を促進するとともに、地域社会の支え合い機能を強化することを目指します。

 

サポーターの養成では、一般社団法人シニア社会学会と連携し、地域社会への提供では、地域で活動するさまざまな団体と推進協力してまいります。

 

東京都中小企業振興公社の「東京都地域中小企業応援ファンド」助成対象事業“第4号”として事業化までの助成を受けました。

   


概要 | サイトマップ
Copyright 2011 Research Institute of Information-Environment Design CO.,LTD